BF-01C


BF-01Cは、バッファローのXi(クロッシィ)端末で、最大6台までWi-Fi機器を同時接続できます。バッファローは、ルーターや通信機器の性能では評判が良いので、6月末に発売されたLGのL-09Cを買わずに、BF-01Cの発売を待っている方も多いのではないでしょうか。

特徴は、Xi(クロッシィ)、ハイスピードFOMAへの接続以外に、無線LAN、有線LANにも対応している点です。

公衆無線LANエリア(FREESPOT、Mzone、フレッツスポット、ホットスポット)に入ると、自動で回線が切り替わります。有線LANとは、自宅の光回線やADSL回線を付属のクレードルに差し込むことで、Wi-Fiルータとして利用できます。

バッファローおなじみのAOSS機能も搭載されています。BF-01Bの後継機で、性能もかなりアップしていますが、大きさは全く同じなところも凄いですね。

L-09Cがエントリーモデルとするなら、BF-01Cはハイスペックモデルと言えそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
最新エントリー
WiMAX お得なキャンペーン情報
カテゴリー
RSSAtom