初心者におすすめのクロスバイク 人気のクロスバイク

ULTRA SPEED(ウルトラスピード)

ULTRA SPEED(ウルトラスピード)は、ソフトバンクのデータ通信で、イーモバイルG4、WiMAX、Xiに匹敵する下り最大42Mbpsのデータ通信サービスです。

WiMAXはauを運営するKDDIの子会社、Xi(クロッシィ)は言うまでも無くドコモ、そしてソフトバンクのULTRA SPEED(ウルトラスピード)、現状では、WiMAXの独り勝ち状態ですが、今後の展開次第では、Xi(クロッシィ)、ULTRA SPEEDがシェアを伸ばす公算も多いにあります。

これまで、ソフトバンクのデータ通信は、イーモバイルの回線を利用したもので、イーモバイルエリアなら定額、それ以外でソフトバンクの回線を使用すると従量制という、何とも分かりにくいシステムが採用されていました。

でも、ULTRA SPEEDの場合ソフトバンクの自社設備で提供するので、ULTRA SPEEDエリア外でも3G通信ができますし、定額プランの対象です。

まだ法人向けプランだけなので、近い将来一般向けプランも発表されるのではないでしょうか。

LETとは(Long Term Evolution)

LETとは、Long Term Evolutionの略で、これまでの3G回線と将来登場するであろう4G回線との間の通信技術で、3.9G=3.9世代携帯電話とも言われていました。

ドコモのXi(クロッシィ)が、日本で初めてLETの商用サービスで、Super 3Gという名前で開発がすすめられ、ドコモ、ソフトバンクが採用しいるW-CDMAの高速通信規格HSDPAをさらに進化させたものです。

ポイントは、理論値ですが下りで最大100Mbps以上の通信速度が出て、これまでのW-CDMAと同じ周波数帯、帯域幅を利用するので、既存の設備を流用できる点です。

先日、ドコモのFOMAハイスピードが高速化されましたが、下りで最大14Mbpsですから、桁違いの通信速度です。また今後、世界の携帯電話事業者の多くが、LETを採用する方向で動いているため、グローバルな規格と言えます。

余談ですが、LETの対抗馬と言われていたUMB(米クアルコム)は開発継続を断念していますので、確実に今後伸びる通信技術だと思います。

2013年8月24日 追記
『LETとは(Long Term Evolution)』というタイトルですが、本当はLTEです。

LTEの進歩も見逃せませんが、WiMAX2+のサービス開始が間近に迫っています。コチラも見逃せません>>>WiMAX2 開始時期は10月末

hi-ho WiMAXキャンペーン

hi-hoがWiMAXのキャンペーンを開催しています。(2011年6月30日まで)

■AtermWM3500R+クレードル 無料
■契約事務手数料 無料
■5,000円キャッシュバック(郵便為替)
■初月 月額料金無料(課金起算日~当月末)

非常にお得なキャンペーンですが、契約に2年縛りがありますので2年に満たず解約する場合は、9,600円必要です。その点を理解した上で契約しましょう。月額料金は他社のWiMAXサービスと同等の3,880円です。キャッシュバックは1年間の利用を確認した後に適用されます。

詳しくはこちら▼
hi-ho モバイルコースにWiMAXが新登場!今なら
充電しながらのルーター利用を実現する専用クレードル プレゼント!

同様にWiMAX キャンペーンを行っているビッグローブは、継続利用条件が3ヶ月と短く、違約金に相当する端末代金も5,250円で割安です。
(年間パスポートの場合、5,250円の契約解除料が必要)

詳しくはこちら>>>UQ WiMAX × BIGLOBE