従来WiMAX 1年契約が激減


WiMAX2+の契約数をよっぽど伸ばしたいのか、2014年8月から従来からあったWiMAXの新規申し込みを受け付けるサービスが激減しました。

私が調べた中では、BIGLOBE、@nifty、So-netが8月から受付を終了しました。
残るはGMOとくとくBBだけです。

WiMAX2+のエリアはどんどん広がってますが、東京・名古屋・大阪など大都市圏が殆どで、地方都市は中心部だけにとどまっています。2+の端末なら従来WiMAXも利用できるので、一挙両得と言えるかもしれませんが、2年か4年の長期契約は必須です。

「WiMAX2+は繋がるけど、WiMAXはダメ」というエリアが無い以上、40Mbpsで十分なユーザーにとって単年契約が無くなるのは、選択肢が減ってしまう残念な話です。

携帯電話でも何でも、長期契約で縛られるのが嫌いな私は、1年契約が減るのは非常に残念です。

私のように思ってる方も多いんじゃないでしょうか、、、。

現状を考えると、私の予想では近々従来WiMAXの新規募集は無くなると思います。そもそも、UQの公式ショップで従来サービスの端末が販売されていませんからね。露骨な2+推しもいい加減にしてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク
最新エントリー
WiMAX お得なキャンペーン情報
カテゴリー
RSSAtom